上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(笑)

PRIDEミドル級GP第2ラウンドの対戦カードが10日に発表されまして、それについて書きたいと
思っていたものの書くタイミングを逸してしまってたのですよ。
6月の次回では、なかなか美味しいカードがあるので楽しみなんです。
今日は画像は無いので、見たい方だけ続きをどうぞ…
そのカードとは、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラvsマウリシオ・ショーグンの1戦であります。
ホジェリオは、ヴァンダレイ・シウバに一番近い男と言われていたダン・ヘンダーソンから開幕戦で
きっちり腕十字固めでタップを奪うという、実に堅実で隙の無い勝ち方をしているので、これは今回
ホジェリオ行けるんじゃないかと期待しているのですよ。
相手はあの踏み付けショーグンですが、ジリジリと後半ホジェリオがペースを握るんじゃないか、
そんな予想をしてみます。1Rは打撃に付き合って、寝ないんじゃないかなーと。
リオの太陽は沈まない。(あ、ちょっとかっちょいいぞ)
でも、同じブラジリアントップチーム所属のヒカルド・アローナと並んだ途端に泥臭く見え、農家の
おっちゃんみたいに見えてくる風貌がイイ味を出してるんだよなぁホジェリオ。
そのヒカルド・アローナは桜庭和志と対戦。
なかなかの寝技対決になるんじゃないでしょうか?
派手さは無いけど巧いアローナ、トリッキーで相手を呑むと強い桜庭、このカードも楽しみです。
山浦イチ押しの近藤を破った「北の最終兵器」イゴール・ボブチャンチンは、格闘王国オランダの
オーフレイム弟、アリスター・オーフレイムと対戦。
オーフレイム弟は身長があり、腕が長くてリーチがあるのです。キックボクシングをベースにした
格闘スタイルにリーチの長さがプラスになって、打撃のレベルが相当高い選手だと思います。
イマイチ地味でマイナーなんだけど。(苦笑)
これは、ひょっとしたらボブチャンチン危ないんじゃないか?
最後は…ヴァンダレイ・シウバvs中村なんですが。
もう、シウバが打撃でKO。中村じゃまだまだ回転の早いシウバのパンチは捌ききれないでしょ。
まだまだ先の事ですが、今からモチベーション高めて待ってますよ俺は!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamauratamaki.blog8.fc2.com/tb.php/26-4a6c1991
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。