上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(笑)

今夜は映画「サマーウォーズ」がテレビで放映されましたね。
携帯のワンセグで頑張って見ました。
いや、俺の携帯(ガラケー)はバッテリーが死んでて
30分番組の最後まで持たないんですよね…
充電しながら全部見ましたよ。

栄ばあちゃんに癒された。
もう、これに尽きる。

そういえば、アバターって何ぞや?このキャラは何?という疑問が
ようやく解けました。
Ueda_02.jpg

さて、今日は別所温泉駅を出てから。

見たい方だけ、続きをどうぞ…

…そんな訳で。

上田駅ホームの柵なんですが。
Ueda_03.jpg
電車が隠れちゃって撮りづらいなぁ~と思ってたんですよ。
サマーウォーズでも電車の顔の下半分が柵で隠れてて、なんだか感動。
Ueda_04.jpg
ちなみにこちら、自然と友だち2号、通称「黒トモ」だそうです。

Ueda_05.jpg
こちら、自然と友だち1号。
Ueda_06.jpg
通称「白トモ」だそうです。
1号2号じゃなく、カラーリングがネーミングの元になるとか
ちょっとあったかい。
「番号で呼ぶな!私は一人の人間だ!」というヤツでしょうか。(たぶん違う)

さて、別所温泉駅を出て、ぶらぶら温泉街をぶらついてみました。
BesshoOnsen_01.jpg
青空、そして散り際の桜。
ぽかぽか陽気を通り越して暑い位でしたよ。

ちょっと歩くと、目的の外湯に辿り着きました。
BesshoOnsen_02.jpg
仏像が夜な夜な入ったという「大師湯」と、
BesshoOnsen_03.jpg
真田幸村が入ったという「石湯」です。
2軒隣なので、ほぼ同位置にあります。
今回は石湯に入りました。

いやぁ、いい湯だ。
入浴料は150円と、温泉地としては破格の値段!
貴重品を入れたら一杯な、小さいコインロッカーは50円!
なんとも面白いです。

ケロリン桶の浴場は、シャワー無し、備え付けの洗剤類無しですが
昔の銭湯みたいな感じでノスタルジーに浸れます。

温泉から出たら、建物の前にあるベンチでだらだら。
湯上りに冷たいものを飲みながら、だらだら。
いいなぁ、こういうゆっくりな時間。

そんな中ふと目の前を珍しい格好の人が横切りました。
BesshoOnsen_04.jpg
付近の温泉旅館の方のようです。(一応、顔にはモザイク処理をしています)
チェックアウトするお客さんの車まで荷物を運んでいました。
和装なのが、なんだか別所温泉の街に似合うような気がしました。
BesshoOnsen_05.jpg
温泉街にしては金儲けにあざとくないところが気に入りました。
いい街じゃないか。

さて、温泉を出た山浦、帰路をぶらぶら。
BesshoOnsen_06.jpg
往路で通り過ぎた北向観音にお参りです。
BesshoOnsen_07.jpg
ほんのちょっぴり階段を下って、ほんのちょっぴりの参道を歩いて、
BesshoOnsen_08.jpg
ほんのちょっぴりの階段を上ったらもう到着です。
水場で手を洗ってみたら、出ているのは水じゃなくて温泉でした。
ちょっとびっくり。

BesshoOnsen_09.jpg
観音様の横には、名物の愛染桂が。
BesshoOnsen_10.jpg
立派な木でした。
木陰が涼しい~。

さて、お参りも済んだので駅に向かいましょうか。

と、そこに聞き慣れたボクサーサウンドが響き渡りました!
BesshoOnsen_11.jpg
あ、86だ。
ディーラー展示車以外でこんな近くを走ってるの初めて見た。
こんな車の開発に携わって…いや特に感慨は無いですなぁ(苦笑)

BesshoOnsen_12.jpg
駅を出て真っ直ぐの道はとても短くて、ぶらりと歩くには物足りない位です。
人通りも少なくて、土産物屋がひしめいている訳でも無く。
先にも書きましたが、本当にのんびりしていて、金儲けにあざとくなくって。
むしろもっとあざとく観光客を誘致しないとヤバいんじゃないの?と
心配になってしまう位のんびりなんです。

気に入ったなぁ。
今回の旅行が初・長野県なんですが、四季それぞれ来てみたい。

BesshoOnsen_13.jpg
あっという間に別所温泉駅に戻って来ました。
駅のこの賑わい、木の小物なんかを売ってたみたいでした。

さて、それではもう一駅寄ってから上田に戻りましょうか。
その辺りはまた明日。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamauratamaki.blog8.fc2.com/tb.php/812-54b7795d
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。