上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます(笑)

すみません、ご無沙汰してました。
いえね、夏休み明けから何故か肉体労働なんですよ。
1日ずっと立ちっ放しとか、気温45℃オーバーの倉庫内で作業とか…

おっさん死ぬわ!

自分の年齢をひしひしと感じました。
もう無理は利かないなぁ。

そんな訳で、夏休みも電車であちこち行ってしまったんですが
まずは前回の続き、わたらせ渓谷鉄道の話を終わらせましょうか。

見たい方だけ、続きをどうぞ…

…そんな訳で。

もう3ヶ月も前なんだなぁ。
桐生駅から、わたらせ渓谷鉄道に乗った山浦、ひたすら終着駅の間藤へ。
車内には、
120623_Watarase_1.jpg
映画「僕達急行」のポスターがありました。
そういえば冒頭に渓谷鉄道のシーンあったけど、わたらせ渓谷鉄道だったのかー。

他にも、
120623_Watarase_2.jpg
鉄道むすめ、足尾さきえさんのポスターもありました。
120623_Watarase_3.jpg
ポスターは大間々駅で売っていまして、前回ちょろっと書きましたが
1両切り離し作業で停車時間があったので、ダッシュで下りて買いましたよ。

ちなみに前の日に雨が降ったので、川の水は濁っていました。
120623_Watarase_4.jpg
クーラーは点いてませんでしたが、風が涼しくて良い感じでした。
そうです、窓が開くんですよこの列車。

230623_Goudo.jpg
そして、東武鉄道の先代特急車両DRC1720系が使われた
レストラン清流がある神戸駅に到着です。
ここで地元のおっちゃんから茹でじゃがいもを買って食いました。
素朴な味がまた似合うんですよね。

そうこうしているうちに、終点の間藤駅に到着です。
120623_Matou_1.jpg
無人駅ですが、なかなかの雰囲気。
120623_Matou_2.jpg
まぁ、駅下りた目の前にはお店なんか一軒も無いんですけど。
120623_Matou_3.jpg
駅舎は立派ですね。
120623_Matou_4.jpg
中に入ってみた感じでは、登山者が利用するみたいでした。

120623_Matou_5.jpg
駅の横にある展望台みたいな台に上ってみましたが、
低過ぎて遠くの山が見える訳ではありませんでした。
せいぜい列車を上から眺める程度。

120623_Matou_6.jpg
どうやら、少し停車してから折り返すようです。
山浦と同様に乗って来た人が折り返す以外に乗客も居ないようです。

120623_Matou_7.jpg
この奥に、足尾銅山の駅があったんだなぁ。
近代産業の栄華と衰退の歴史を少しだけ感じました。

120623_Matou_8.jpg
日も傾いてきたし、折り返す事にしましょう。
いやぁ、わたらせ渓谷鉄道は楽しかったです。
本当だったら足尾銅山観光とかすれば良かったんですが。

それでも、
120623_Watarase_Kaeri.jpg
帰りに見た川は水が澄んでいて綺麗でした。
近場でも良いところってあるんだなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamauratamaki.blog8.fc2.com/tb.php/821-3b9e4d2e
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。